教職員共済は教職員の共済保険として、厚労省が唯一認可している共済です。

教職員共済生活協同組合は、全国の国立、公立、私立学校の教職員に開かれた、消費生活組合法で規定されている共済(保険)をあつかっている消費者生活協同組合です。幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校、高専、大学で働くすべての職員が加入できます。一度加入した場合、その職場を辞めても希望すれば継続が可能です。

全国50万人の教職員が加入・利用しています。教育現場で働く教職員のニーズに特化した、保障内容、共済金額となっています。また、50万人の加入者による大きなスケールメリットを活かした驚くほど安い掛け金が特徴です。何と言っても共済生協であり、非営利の運営をおこなっています。大株主や出資者への配当金が生じないので、生協法に定められた必要経費を除いた毎年の剰余金はすべて加入者へ還元されます。

このホームページの左側、福利厚生(教職員共済)の欄をクリックして下さい。最上部にある、教職員共済をクリックすると公式ホームページが開きます。 教職員であれば誰でも利用できますので、一度ご覧ください。詳細についての、ご不明な点、ご質問は下記へお電話でおたずね下さい。

教職員共済福岡県事業所 092-631-4601 9時~17時にお願いします。また、学校単位でまたはお一人でも具体的相談があれば説明に伺います。

福岡県高等学校教職員組合(福岡高教組)は教職員共済福岡県事業者の事業推進団体となっています。

高教組へも気軽にご相談、問い合わせください。

実質賃金が低迷しているなか、いざという時に最低必要な保障を設定し、保険料を見直すことは大変重要です。可処分所得を少しでも増やし、現在の生活を豊かなものに、さらに将来の不安を少しでも取り除くことを考えましょう。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする