日. 5月 19th, 2024

メーデーは1886年5月1日、米国の労働者が「8時間は労働に、8時間は休息に、そして後の8時間は自由な時間のために」を求めてストライキに立ち上がったのが起源です。当時、米国の労働者は長時間労働と低賃金に苦しめられ、労働時間の短縮は切実な要求であったのです。

これをきっかけに世界の労働者は5月1日を「国際的な団結の日」と定め、1890年5月1日、第1回国際メーデーが多くの国で開催されました。

日本では1920年5月2日、再1回メーデーが東京・上野公園で開催。それ以降毎年開催されていました。しかし、軍国主義の高まりの中、1936年に全面禁止されました。

第二次世界大戦後、メーデーは労働組合の復活ともに再開され、労働者の地位や労働条件の向上、権利拡大を始め、人権・労働基本権の確立、民主主義の発展、世界の恒久平和の希求に深く貢献し、その役割を果たしています。

現在のメーデーは、米国の労働者が労働条件の改善を訴えたその思いを受け継ぎつつ、働く仲間とお互いをねぎらい、たたえ合いながら、家族や地域のみなさんにも楽しんでもらえる一大イベントとして開催されています。

福岡メーデーについてはこちらをご覧ください。

Visited 148 times, 1 visit(s) today

By fhtu